中村敏也 ブログ コラム 保育 療育 児童発達支援

カテゴリー:メルマガ
カテゴリー:メルマガ
メルマガ 中村敏也の元気キッズ保育園の秘密 vol.7

参考:メルマガバックナンバー 2020.08.05 配信

中村敏也の元気キッズ保育園の秘密 vol.7 地域社会を変える保育園への道2

 


中村敏也の元気キッズ保育園の秘密


地域社会を変える保育園への道2・開所準備

こんにちは。
株式会社SHUHARI 中村 敏也です。

地域社会を変える保育園への道 その2です。
さて、前回、保育所の開所を決意した中村青年は、
事業をするには

1.資金  2.場所  3.人

この3つが必要というのは、独立開業の本に書いてあるのでなんとなく知っていました。

■運の良さもあって3つの要素は揃った!

1.資金

まずは元手が必要です。

激務の会社勤めのおかげで、お金を使う時間がなかったために、3年間である程度の貯蓄ができたのと、
ネットバブルの影響でたまたま株式投資がうまくいったことで、500万円の自己資金がありました。

さらに、素人ながらもがんばって作った資金計画をもって
国民生活金融公庫(現在の日本政策金融公庫)にお願いに上がり、
500万円の融資をつけることができ、合計1000万円の資金を作ることができました。

26歳にしては、我ながらよく頑張ったな(笑)・・・と思います。

2.場所(物件)

物件は、会社に在籍中、休日に地元の不動産屋を尋ねまわりました。
自宅でもインターネットを駆使して物件探しに集中。

3か月ほど探していると、駅から近くて、家賃もほどほどのよい物件が見つかりました。
しかも、オーナーが遠い親戚筋の方で、ご縁を感じました。
ご先祖様に感謝。

3.人(繋がり・人材)

現在は、保育士不足で大変な採用難ですが、2006年当時はそれほど難しいわけではなく、
タウン誌とハローワークのみで数名面接できました。

そのうち社員2名パート2名の計4名の方とご縁がつながり、立ち上げメンバーになってもらいました。

前向きでやさしい良い方たちばかりに集まってもらえて、本当に良かった。
いまだに当時のことを思い出すと、奇跡的だったなと思います。

物件が見つかり、施工業者も決まりました。
この施工会社とは実はいまでもつながっております。
本当にご縁って大切ですね。

保育園 元気キッズのキャラクターのパンダは、
小学校からの幼馴染で当時はまだ学生であった高橋理子さん
https://takahashihiroko.jp/ )にお願いしデザインしていただきました。

しかも御礼はお寿司をおごっただけで快諾してくれて、本当にありがたかったです。

彼女はいまでは世界的に活躍する日本のトップクリエイターなので、
なんと恐れ多いことをしたのかと反省しています。

■利用者集めに苦労した広告活動

物件契約、内装工事費、保育備品、人件費などで、湯水のようになくなる資金に
怖気付きつつも、成功だけを信じて進む日々でした。

まずは保育所の利用者がいなければ事業は存続できないということで、
マーケティングがとても重要です。

といっても、すでに結構なお金をつかってしまったため、
広告費にはあまりお金をかけられない状況でした。
そこで行ったのが、

1.ポスティング
2.DM
3.直接の声がけ

1.ポスティング

ホームページと、チラシを作成し、
お金がないので自らポスティングをする毎日でした。
9月開所だったので、ちょうど今頃、7月末から8月中旬にかけて行いました。
日中は暑いし、人目があるので、日中の作業が終わった後に毎晩行いました。
1日に1000部配布し、10日続けて1人で1万枚を配布。

正直、もう二度とやりたくない・・・笑

2.DM(ダイレクトメール)

いまでは嘘のような話ですが、当時は役所へいけば住民台帳を見ることができたのです。
そこで、500世帯ほどの情報を調べ、個別にダイレクトメールを作成し発送しました。

個人情報がだだもれの世界に、罪悪感を感じながらも、
マーケティングとは「必要としている方へ必要な情報をとどける行為」なので、
とても良いことをしているのだと勝手に思い込み実行していました。

3.直接の声がけ

そして、もっとも苦手だったのが、駅前や公園でのチラシ配りです。

ほとんどの方には受け取ってもらえないけれど、たまに笑顔で受け取ってくれる方がいたり、
「がんばってね」と声を掛けてくださる方もいて、厳しさとやさしさの両方を経験しました。

会社勤めのころにはまったくわからなかった現実の世界にうちのめされつつ、
ひたすら成功だけを思い描いた日々。

つらい日々を乗り越え(今思えば「全然つらくないぞ」と中村青年にいいたいが・・・)、
手元にはたくさんのリストが入手でき、体験イベントに向けての案内を電話や手紙で伝え続けました。

そして、ついに体験イベントの当日をむかえることができました!

ここまでしっかりと広告活動を行っている保育所は当時はなかったので、かなりの反響があり、
23名の定員の保育所になんと63名もの見学者が来てくれたのです!!

もうセオリー通りの展開です!
イベント最中はこころの中で、「苦労は報われる!やればできるぜ!!」
って歓喜の雄たけびを上げておりました。

だって、定員の3倍の方がいらっしゃたんだから、
そりゃすぐに子どもたちでいっぱいの保育所になるだろうと誰だって思いますよね?

が、しかし、現実はそんなに甘くなかったのです。

次回は「利用者1名からの再起」をお送りいたします。

 

——————————————————————
株式会社SHUHARI
保育園元気キッズ 代表 中村敏也

※ 配信停止のお手続きは下記ページでお願いします。
https://www.genki-kids.net/lp/mmg.html

※メールの配信停止までに数日お時間いただく場合がございます。行き違いで配信されることがありますがご了承ください。

発行:株式会社SHUHARI
※ 当メールマガジンの内容の無断複製・転載・使用を固く禁じます。
Copyright 2007 SHUHARI Corporation. All Rights Reserved.

 

 

中村敏也のメールマガジンでは
・保育・児童発達支援の経営のためになる情報
・オンラインセミナーのご案内(メルマガ読者限定案内あり)
・講演会のご案内
などをお送りしています。

困っている保育所の足元を見た高額な人材紹介会社に頼らず、自力で採用できる力を、すべての保育所が持つことができれば、より良い保育環境が広がるはずです。

子どもたち、保護者、保育士にとって、とても幸せな世界になることを願って、少しでもお力になれれば幸いです。

※メールが届かない場合、携帯メールの受信設定、迷惑メールの設定などをご確認ください。
@mm.genki-kids.netからのメールを受信できるようにしておいてください。

中村敏也メルマガ

メルマガ 中村敏也の元気キッズ保育園の秘密 vol.6

参考:メルマガバックナンバー 2020.07.30 配信

中村敏也の元気キッズ保育園の秘密 vol.6 地域社会を変える保育園への道1

 


中村敏也の元気キッズ保育園の秘密


地域社会を変える保育園への道・その1「中村青年、海を渡る」

こんにちは。
株式会社SHUHARI 中村 敏也です。

現在、元気キッズでは、保育、福祉の壁を超えてさまざまな取り組みを実施しています。
具体的には、保育所、児童発達支援、保育所等訪問支援、居宅訪問保育、相談支援など。

これから数回に分けて、保育所から始めて、どのように新しいサービスを地域で展開していったのかをお伝えいたします。

 

■保育所開所は、保育士でもなく、親族からの引き継ぎでもなく

保育所を運営しているとよく聞かれるのが、
「親から引き継いだのですか?」「保育士だったのですか?」
「なぜ保育所をつくったのですか?」という質問。

代表としては年齢が比較的若く、顔も童顔のため、「きっと親族から受け継いだのだろう」と憶測でお話しされる方が多く、
「自分の代で開所しました」
「保育士ではなく、まったく別の業種で働いていました」
と答えると、非常に驚かれることが多いです。
ギャップに驚かれるのが、正直少しだけ気持ちが良いです(笑)

そこで、まずは保育所を作ったきっかけからお話しします。

 

■学生時代の中村青年

もともと学生時代から「会社に務めるよりも、ネクタイをしないで自由に働きたい。
ネクタイしない職業といえばアーティストだ!」と思い込んでいるような、
非常に単純で世間知らずのかわいらしい青年でした。

自分に何ができるのか自問自答を繰り返す中、日本だけでなく世界を見てみようと
まずはアメリカのロサンゼルスと、ニューヨークへ旅行をしました。

人と違うことに憧れていたモラトリアム真っ最中の中村青年は、
アーティストになりたいならまずは本物をみなければと、
ニューヨーク滞在中に美術館に行けるだけ行きました。

またロサンゼルスでは、サンタモニカからベニスビーチまでの間をよく散歩し、
たくさんの路上アーティストや、個性豊かな方たちに触れました。

そこで、感じたのが、なんと「アートって自己満足だな」と。
「アーティストになりたい」というのはただの自己欺瞞かなと気がついたのです。(気づいてよかった。)

帰国後、自分は何が本当にやりたいのかをさらに自問自答した時、
司馬遼太郎の『竜馬がゆく』を読み、「これだー!」という強い思いが湧き出てきました。
竜馬のように、「社会的に意義のあることをやりたい!!」と強く思ったのです。

まさに単純の極み!

そこで改めて、自分に何ができるのか見つけるためにアメリカへの留学を決意し、
大学3年の終了時に1年間の留学へ旅立ちました。

アメリカ留学中はほとんどすべてのことを自分で考え、決断しなければならない日々に、初めは戸惑いましたが、
最終的には「生き抜くたくましさ」みたいなものが身につき、
『とにかくやってみればどうにかなる』という信念が根付いたように思います。
日本にないものがたくさんあり、また日本の方が数倍進んでいるのではないかと思うこともあり、毎日が学びの日々でした。

その頃から「自分で事業をやりたい」と思うようになりました。

 

■激務の会社員時代

帰国後、今の自分にはまず社会人経験が必要だと思い、
若いうちから色々と任せてくれる会社が良いと、勢いのある上場会社へ就職しました。
早朝から深夜まで働き本当にたくさんのことを学ばせていただきました。

仕事を定時に終えることができず、とにかく時間がもったいなくて、
通勤時間ももったいないのでで会社の寮に入らせてもらい、朝7時から深夜2時まで働く日々。

猛烈社員の典型的な姿。
みんながワーカホリック状態なので、居心地はとても良く、戦友がたくさんできました。

しかし、過酷な労働環境の中、離脱する人もたくさんいて、若者が消費されているなという感じも否めなかったです。

*福祉の世界の「やりがいの搾取問題」と似ていると今なら思えます。
当時、私は幸運なことに上司にも恵まれ、とても責任ある仕事を任せてもらえたので本当に楽しく仕事に取り組めていました。
いわゆる「ゾーン」に入っていた思います。

2年間、がむしゃらに仕事に取り組んだ後、
「そろそろ自分のことに向き合おう」と、仕事以外のことに目を向けはじめた、そんなときに、
とても驚くことがあったのです。

 

■保育所の開所を決意

従姉妹が結婚をし、めでたく子どもが生まれた後に、
「預ける場所がなくて困っているんだ」とぼそっと話すのを聞いたのです。
「保育園に入れないなんてことある?」なんて思ったのですが、
この時は平成14年でしたが、実際調べてみると、待機児童問題がこの時からものすごくあったのです。

そこで、保育のことを調べていくと、どんどん興味が出てきて、保育の学校にも通いました。

学校には社会人の方も多く、保育や福祉に関する知識が豊富な方ばかり。
ご自身で保育所を運営したいという方も数名いたので、たくさん刺激を受けました。
その反面、経営という視点で保育を捉えている人がほとんどいなく、
自分の強みであるマーケティング力が生かせるのではないかという思いが湧いてきました。

そして、これこそ社会的に意義のある事業だと思い、「待機児童解消!」のために保育所の開所を決意したのです……

次回は、開所後の奮闘記、をお届けします!

 

——————————————————————
株式会社SHUHARI
保育園元気キッズ 代表 中村敏也

※ 配信停止のお手続きは下記ページでお願いします。
https://www.genki-kids.net/lp/mmg.html

※メールの配信停止までに数日お時間いただく場合がございます。行き違いで配信されることがありますがご了承ください。

発行:株式会社SHUHARI
※ 当メールマガジンの内容の無断複製・転載・使用を固く禁じます。
Copyright 2007 SHUHARI Corporation. All Rights Reserved.

 

 

中村敏也のメールマガジンでは
・保育・児童発達支援の経営のためになる情報
・オンラインセミナーのご案内(メルマガ読者限定案内あり)
・講演会のご案内
などをお送りしています。

困っている保育所の足元を見た高額な人材紹介会社に頼らず、自力で採用できる力を、すべての保育所が持つことができれば、より良い保育環境が広がるはずです。

子どもたち、保護者、保育士にとって、とても幸せな世界になることを願って、少しでもお力になれれば幸いです。

※メールが届かない場合、携帯メールの受信設定、迷惑メールの設定などをご確認ください。
@mm.genki-kids.netからのメールを受信できるようにしておいてください。

中村敏也メルマガ

メルマガ 中村敏也の元気キッズ保育園の秘密 vol.5

参考:メルマガバックナンバー 2020.07.16配信

中村敏也の元気キッズ保育園の秘密 vol.5「理念+文化+ルール」で起きた奇跡

 


中村敏也の元気キッズ保育園の秘密


「理念+文化+ルール」が揃ったことで起きた奇跡

こんにちは。
株式会社SHUHARI 中村 敏也です。

前回、理念は文化に支えられ、文化はルールが作るというお話をしました。

では、この3つが定まって起きた「元気キッズの奇跡」をちょっとシェアします。

『8年連続・新卒離職者ゼロの奇跡』

誰も意見を言えないような硬直した組織の時代を経てきた元気キッズですが、
「子どもたちの笑顔のためには、まずは働く職員が笑顔にならなければ」という思いで、ガムシャラに理念やルールを作っていきました。

改革から5年たっところ、ふと気づくと、離職者がほとんどいなくなっていたのです。
もちろん文化に馴染めない方たちはこの過程で残念ながら去っていきました。

そして気付いたら、私が変わろうと決意し、行動を起こしてから入社した新卒の職員が誰一人やめないでいてくれていたのです!!

個人面談の時に新卒入社の職員に、
「なんで元気キッズを選んでくれたの?」と聞くと

「園長先生の話を聞いて、職場体験に行ってみたいと思い、実際 体験に入ったら、
園長先生の言った通り、みなさんが楽しそうに仕事をし、とてもやさしかったからです」

という声が多くありました。

思い返せば当時、ミーティングでも面接時でも、
元気キッズの思い、方針、職員の4つの約束などを、
熱を込めて説明し続けていました。

面接ではあまりにも熱く語りすぎたため、
細かい内容よりも、私の熱意、いや気迫みたいなものに圧倒されて、
体験に来てくれなかった方もいたかもしれません。

とにかく熱量だけはそれくらいハンパなかった(笑)
むしろ熱量しかなかった。

だって、まだ実績がなかったので、ビジョンを伝えることしかできなかったので。

そして、気づくと、
8年連続で、新卒の離職が0人の保育園を達成していました。

『取材が来るようになってからの奇跡』

奇跡のような離職者ゼロ。
特に保育業界では、大量離職で園の運営が困難になるケースが全国的なニュースになるような時代、
元気キッズの離職ゼロはとても目立ったようで、
いくつかのメディア、新聞などから取材が来るようになりました。

少しでも元気キッズの知名度をあげ、職員がプライドを持って働ける園にしたい
という思いから積極的に取材に応じました。

するとどうでしょう。
ここでも大きな流れが起きたのです。

記事を見た保育士から、応募の連絡が入ったり、
県庁から、仕組みを教えてほしいと担当者が来たり……

この頃から自治体から、新しいオファーや公募に参加してほしい
と打診をいただくことが多くなり、近年の新規開園ラッシュに繋がりました。

『セルフマネジメントの組織になってからの奇跡』

「理念+文化+ルール」が定着していくと、職員の関係性がとてもよくなり、
何より「やさしい人」が増えました。

私自身も「やさしい人」に来てもらいたいと思って、採用活動に取り組んでいたため、
スキルだけでない、人として信頼できる人が多く集まって来ました。

思いに共感した職員は、ただ「やさしい」だけでなく、
しっかりと自分の考えを持って仕事に取り組む方が本当に多いのです。

また「今よりも少しでも良いことはすぐやってみよう!」の精神が、
職場全体に広がった結果、
自分たちが必要と思うことを どんどんやってくれるようになりました。

そして、新しい事例を会議で共有、そこで他の施設にも導入という流れができました。

結果、セルフマネジメントの組織に変わっっていったのです。
自らが考えて、やりたいことを実現していく組織へ変貌をしていきました。

『私自身にも起きた奇跡』

変革当初は、実は私自身はあまり得意でない「強烈なリーダーシップ」を無理やり発揮して組織を変えていきました。。
しかし、組織が変わった今、そのようなスタイルは必要なくなりました。

本来の自分に戻れたことでほっとし、心の中に少しの自信と余裕が生まれたのです。
これは、私にとって大きな奇跡でした。

悩める園長先生にとって、この「少しの自信と余裕」って、心から手に入れたいものなのかなと思います。
・「安心して任せられるチーム」があること
・心に余裕ができること

この2つが揃ったことで、これまで手をつけられなかった新しい課題にも取り組むことができるようなったのです。

次回は、社会を変える保育園への道をお届けします!

 

——————————————————————
株式会社SHUHARI
保育園元気キッズ 代表 中村敏也

※ 配信停止のお手続きは下記ページでお願いします。
https://www.genki-kids.net/lp/mmg.html

※メールの配信停止までに数日お時間いただく場合がございます。行き違いで配信されることがありますがご了承ください。

発行:株式会社SHUHARI
※ 当メールマガジンの内容の無断複製・転載・使用を固く禁じます。
Copyright 2007 SHUHARI Corporation. All Rights Reserved.

 

中村敏也のメールマガジンでは
・保育・児童発達支援の経営のためになる情報
・オンラインセミナーのご案内(メルマガ読者限定案内あり)
・講演会のご案内
などをお送りしています。

困っている保育所の足元を見た高額な人材紹介会社に頼らず、自力で採用できる力を、すべての保育所が持つことができれば、より良い保育環境が広がるはずです。

子どもたち、保護者、保育士にとって、とても幸せな世界になることを願って、少しでもお力になれれば幸いです。

※メールが届かない場合、携帯メールの受信設定、迷惑メールの設定などをご確認ください。
@mm.genki-kids.netからのメールを受信できるようにしておいてください。

中村敏也メルマガ

 

メルマガ 中村敏也の元気キッズ保育園の秘密 vol.4

中村敏也のメールマガジンでは
・保育・児童発達支援の経営のためになる情報
・オンラインセミナーのご案内(メルマガ読者限定案内あり)
・講演会のご案内
などをお送りしています。

困っている保育所の足元を見た高額な人材紹介会社に頼らず、自力で採用できる力を、すべての保育所が持つことができれば、より良い保育環境が広がるはずです。

子どもたち、保護者、保育士にとって、とても幸せな世界になることを願って、少しでもお力になれれば幸いです。

※メールが届かない場合、携帯メールの受信設定、迷惑メールの設定などをご確認ください。
@mm.genki-kids.netからのメールを受信できるようにしておいてください。

中村敏也メルマガ

 

参考:メルマガバックナンバー 2020.07.9配信

中村敏也の元気キッズ保育園の秘密 vol.4「理念を実現化する強力なツール」

 


中村敏也の元気キッズ保育園の秘密


「パワフルな理念を現実化するシンプルだけど強力なツールとは!?」

こんにちは。
株式会社SHUHARI 中村 敏也です。

前回は、パワフルな理念の作り方についてご紹介しました。

でも、素敵な理念があっても、なんだか口だけだなって感じることありませんか?

例えば、CMなどで良いこと言ってるけど、実際は不祥事を起こしてしまう会社とか…

子どもたち、保護者、働く先生たちがみんな笑顔が一番!
そんな保育園です!!

って言っているのに、子どもたちは軍隊のような保育を受け、
保護者へはしっかりした説明のないまま一方的な情報を突きつけ、
先生は偉い人の目ばかり気にしているような…

とても素敵な理念ができたとしても、保育園がその理念に向かって進んていくという空気感がないとなんの意味もないですよね。

この空気感こそが、「文化」です。

良い保育園には、どこでもこの良い空気感が流れいます。

では、この文化、どうやって出来て、どうやって維持していくのでしょうか?

その鍵が「シンプルなルール」です。

元気キッズの事例でご説明しますね。

保育園 元気キッズは、「子どもたちが最高の笑顔になる場所」という想いのもとスタートしました。

しかし、立ち上げ当初、保育に関して素人の私は、
周りより少し声が大きくリーダーシップがある職員についつい頼ってしまい、
結果、その人が絶対正義の施設ができあがってしまいました。

もちろん「子どもたちのため」という信念は、そのリーダー保育士も僕も一緒。
でもなんだか誰も意見が言えない、雰囲気の硬直した組織になっていったのです。
そして気がつけば、離職率が3割を超えていました。

「あー。こんな保育園にしたかったわけではないのに」
「みんなが笑顔になる場所にしたいのに」

私自身、どんどんどんどん元気がなくなり、ほぼ鬱状態になりました。

当時、暗い部屋の中で、回転チェアの上に膝を抱えながら体育座りをして、
くるくる回っていた僕を見た妻は、そっとドアを閉めて「見なかったことにした」
と後で笑い話にしてくれました。

それくらいヤバい状態に!

みなさんも経験ないでしょうか?
きっとあると思います!
デスノートのLみたいな感じになった時が(笑)

どん底の中、私は自問自答を繰り返しました。

どんな保育園にしたい?
どんな先生たちと仕事をしたい?
一体何をしたいのだ?

と。

その結果、得た答えは、
「すべては子どもたちの笑顔のために行動すべし!」ということでした。

子どもたちを最高の笑顔にするためには、まずは先生たちが笑顔で働く場所が必要だ。
お互いが尊敬しあい、支え合い、誰にもで意見がいえる風通しの良い職場が必要だと。

しかし、このような長い説明を先生たちにしても、
「そんなこと誰もが望んでますよー。でもなかなか ないよね」って雰囲気が蔓延していました。

なかなか現場が変わらない。

だったら、そんな組織になるために、行動指針を作ってしまえ!とできたのが、
元気キッズの4つの約束でした。

1.あいさつ
2.礼節
3.人の話を聞く・聞く耳を持つ
4.自分の意見をいう勇気を持つ・わかるように説明する

という誰でもわかるシンプルなルールを設定。
さらに個人面談を強化し、何度何度もこの4つの約束を1人ずつに話していきました。

するとどうでしょう(ビフォーアフターのテーマに乗せて♪)

4つの約束に共感した職員がどんどん増えていき、現場に優しい風が吹き始めました。

そして、実習で施設に来てた学生から、最終日に
「元気キッズはありがとうが溢れています!」
という言葉をもらうことができました。
4つのルールが文化を作り、維持し、理念を体現していることを実感した瞬間でした。

このシンプルなルールは、かなり強力なツールになります。
ぜひ、ご自身の保育園でも必要不可欠な行動指針を作り、みんなで共有して見てください。
きっと望ましい行動を自然ととる職員ばかりになることでしょう。

 

次回は
理念と文化とルールが機能しはじめて起きた奇跡の数々について配信予定です。

 

——————————————————————
株式会社SHUHARI
保育園元気キッズ 代表 中村敏也

※ 配信停止のお手続きは下記ページでお願いします。
https://www.genki-kids.net/lp/mmg.html

※メールの配信停止までに数日お時間いただく場合がございます。行き違いで配信されることがありますがご了承ください。

発行:株式会社SHUHARI
※ 当メールマガジンの内容の無断複製・転載・使用を固く禁じます。
Copyright 2007 SHUHARI Corporation. All Rights Reserved.

メルマガ 中村敏也の元気キッズ保育園の秘密 vol.3

中村敏也のメールマガジンでは
・保育・児童発達支援の経営のためになる情報
・オンラインセミナーのご案内(メルマガ読者限定案内あり)
・講演会のご案内
などをお送りしています。

困っている保育所の足元を見た高額な人材紹介会社に頼らず、自力で採用できる力を、すべての保育所が持つことができれば、より良い保育環境が広がるはずです。

子どもたち、保護者、保育士にとって、とても幸せな世界になることを願って、少しでもお力になれれば幸いです。

※メールが届かない場合、携帯メールの受信設定、迷惑メールの設定などをご確認ください。
@mm.genki-kids.netからのメールを受信できるようにしておいてください。

中村敏也メルマガ

参考:メルマガバックナンバー 2020.07.2 配信

中村敏也の元気キッズ保育園の秘密 vol.3「パワフルな理念ができるまで」


中村敏也の元気キッズ保育園の秘密


「パワフルな理念ができるまで」

こんにちは。
株式会社SHUHARI 中村 敏也です。

私は、セミナーでお話する際に、常に「経営には理念が大切です」と繰り返しています。
理念経営、理念に基づいた行動、意思決定などなど。

では「理念」とはそもそもなんでしょうか?

認可保育園は、個人事業者には認められず、社会福祉法人、NPO法人、株式会社などの法人が行います。

法人とは、人間とまったく別の存在である法律上人格が認められたもののこと。
つまり、人格があるということです。

人間にはいろいろなタイプ、様々な考えをもつ人がいるように、
目的をもって設立された法人にも、それぞれの考え方、くせ、性格みたいなものが不思議と出てきます。

大概、法人の性格は、代表の考えを表したものになるし、創業者の考えを大きく反映したものになります。
その性格を言葉に表したものが「理念」です。

そして、理念は指針です。

理念を持つと、理念をよりどころに、組織が向かう方向、職員たちの行動方針など、選択をする際に迷わずに進むことができます。

では、理念はどのように作られるのでしょうか?

大きく分けて2つ必要な要素があります。

1.印象に残る言葉

みなさんの保育所も、きっと保育理念などが策定されていると思います。
でもそれは、本当にやりたいこと、実現したいという想いが理念に込められているでしょうか?

それとも、どこか借りものの言葉が使われていたりしませんか?

実は、恥ずかしながら私自身も自分の思いを表してはいるが、
なんとなく心地がいい、安易な言葉を使って理念を作っていました。

以前の理念はこちら。

「子供達の未来の基礎力を育む!」
「全ての場所で子どもたちが最高の笑顔になれる社会」

まぁ、悪くないけども、なんだかどこにでもありそうな言葉という印象。
会社の理念なのか、保護者に向けた保育の理念なのかはっきり定めていなかったため、
誰に伝えたいのかぼやけていて、はっきり言って印象に残らないなと。

会社の理念は、働く人の寄りどころにならなければなりません。
働く人たちに覚えてもらい、自分の言葉であるかのように自身に染み込ませてもらわなければなりません。

したがって、インパクトがある言葉が必要になるのです。

2.代表自ら紡ぎ出す言葉

理念は法人の性格です。

そうしますと、どこかで聞いたことがある、聞こえの良い言葉を理念として掲げても、
誰も本気でその理念に共感したり、指針にしていこうとは思いません。

ではどうすれば良いか?

代表自らが言葉にするしかないのです!

自分の体験を振り返り、自分のやりたいことを明確にし、
何をこの法人を通じて実現していきたいかを絞り出し……
ひねり出し切った先に、本当の心の言葉が生まれてきます。

でも、これは一人でやるのは、とてもとても難しいことです。

思いを言葉に表すのは、言語化力、コピーライティング力も必要になります。

「SHUHARIの事業理念の作成」

元々のSHUHARIの理念については、すでにお話しした通りです。

本気で思っていたことなので、ある程度は伝わっていたと思いますが、
印象に残るかというと別の話になります。

そこへ、新型感染症の波が押し寄せてきました。

コロナ禍の中、このままで良いのか色々と考えました。
職員のこと、会社のこと、何より子ども達のこと。
みなさんもきっと色々と悩み、苦しみ、リーダーとしてどうすれば良いのか、もがき苦しんだことでしょう。

私は、大きな時代の変化のために、指針となりうるバージョンアップした理念が必要だと思い立ちました。

そしてしっかりと作るために言葉のプロに相談し、作成の依頼をしました。

そこで、多くの言葉のやりとりがあった後にできあがった法人の理念がこちらです。

——————-

しなやかに、ひたむきに
SHUHARI

時代の変化に対応するしなやかさと、
本質的な価値を守るひたむきさを大切にしながら、
家族にとって安心安全な環境を創造し、
かかわるすべての人の笑顔と豊かさを増やします。

——————-

自画自賛ですが、言葉に強い意思と、惹きつけられる魅力がとても増したと思います。

決して一人では出てこなかったと思いますが、
すべて私自身から出てきた言葉で構成されています。

このように、時代の変化や、組織の成長とともに、理念も変化して良いのです。
ぜひ、取り巻く状況が変わった、今の組織の目指すべき目標が替わった際は、
思い切って理念を作り替えることをおすすめいたします。

 

——————————————————————
株式会社SHUHARI
保育園元気キッズ 代表 中村敏也

※ 配信停止のお手続きは下記ページでお願いします。
https://www.genki-kids.net/lp/mmg.html

※メールの配信停止までに数日お時間いただく場合がございます。行き違いで配信されることがありますがご了承ください。

発行:株式会社SHUHARI
※ 当メールマガジンの内容の無断複製・転載・使用を固く禁じます。
Copyright 2007 SHUHARI Corporation. All Rights Reserved.

中村 敏也

Nakamura Toshiya
埼玉県内に、保育園、児童発達支援施設、保育所等訪問支援事業所、相談支援事業所を計17施設を運営。子どもが笑顔で過ごせる保育園にするためには、職員が楽しめる職場であることが重要。職員が意見を言いやすい職場の雰囲気作りや福利厚生面など、働きやすさも重視した環境作りに力をいれている。
株式会社SHUHARI代表取締役
株式会社sopo代表取締役
新座市子ども子育て会議委員
中村敏也