中村敏也 ブログ コラム 保育 療育 児童発達支援

中村敏也の元気キッズ保育園の秘密 vol.15

参考:メルマガバックナンバー 2021.6.17 配信

中村敏也の元気キッズ保育園の秘密 vol.15 変化の時代への対応と、支援者への支援

 


中村敏也の元気キッズ保育園の秘密


 
中村敏也の元気キッズ保育園の秘密 vol.15
「変化の時代への対応と、支援者を支援することの大切さ」について

 
こんにちは。
株式会社SHUHARI 中村敏也です。

 
教育の未来を見通すために、すべての教育者が知っておいてほしいことがあります。
それはOECD(経済協力開発機構)が示す指針です。

現在、2015年からはじまった
「OECD Education 2030プロジェクト」が進めてられております。

2030年には、
VUCA
Volatility(変動性)
Uncertainly(不確実性)
Complexity(複雑性)
Ambiguity(曖昧性)
の時代を迎えるにあたり教育に求められることを示してくれています。

内容は……今回は省きます。

とっても専門的な言葉、
DeSeCo、コンピテンシー、VUCA、ウェルビーイング、エージェンシー、SDGs
なんていう単語が当たり前のように並んでいるので、
一つ一つの意味をしっかり理解していかないと迷子になるんです。

「OECD Education 2030プロジェクトの解説本」さえ、
かなりの読み手のスキルを求められるので、
僕なんかが解説するなんてむりーってことで、
興味がある方はOECDが素敵なまとめをPDF配布しているのでお読みください。

 
▼OECD Education 2030 プロジェクトについて
https://www.oecd.org/education/2030-project/about/documents/OECD-Education-2030-Position-Paper_Japanese.pdf
※有識者及び組織の協力を得て文部科学省において作成されたPDF

 
さて、なぜ急に難しいことを書いたかというと、
決して格好をつけたいわけではありません(笑)

保育施設を運営している方や、教育関係者には、
ぜひこのような良質な情報をインプットし続けて、
そして、必ずアウトプットをして欲しいのです。

 
なぜかというと、まさに経営に直結するからです!!!

 
このような良質な情報をアウトプットすると、
とってもいいことがあなたの周りにも起こること間違いありません。

例を挙げると……

・職員達が園長先生ってなんだか頭が良いと少し尊敬の眼差しで見てくれます。
 (勘違いかも知れません……)

・保護者へ向けて話す内容に事欠かなくなります。

・自分の保育方針、教育方針への肉付けができることで、揺るぎない信念のようなものが出てきます。
 すると、その思いに共感してくれる意識の高い職員が集まってくれるようになります。
 結果、保育の質が高まることになり、園の評判が良くなります。
 そして園の評判が良くなれば、また採用面でもプラスになっていきます。

・地域でこのような有益な情報をもとに保育を行なっている施設が少ない場合、ダントツの1番の保育園になっていくことでしょう。

 
本当によいことづくめです!
どんどん意識高い系の経営者になっていってください!!

 
が、しかし、1つとっても重要な問題があります。

経営トップが新しい物をどんどん取り入れていくと、
現場が必ずと言っていいほど疲弊していきます。
新しい価値観、最新の知識、行動様式に適応するって、本当に大変なんです。

「事件は会議室で起きているんじゃない! 現場で起こっているんだ!!」
って某刑事の声が聞こえてくることでしょう……(古い?)

 
そうです。
ついつい意識高い系の行動をとると、
あたかも自分が有能になった気になり、
なんで現場はわかってくれないんだって思考が頭をよぎることでしょう。
なんてもどかしいんだって思うこともあるでしょう。

 
しかし、そう思ったら要注意です!!

 
ちょっと話は逸れますが、
私は、幼少期、頭の回転が速く多動傾向の人間であったため、
「どうしてみんなわかってくれないんだー」って思いをたくさんしてきました。

「あー、もどかしい!! 」って思いが募りまくり、
小学校6年生の頃は、すぐ癇癪を起こす、お山の大将を気取っていたこともあります。

しかし、中学生になり、幸か不幸か、不良の巣窟のサッカー部で、
軍隊式の上下関係、レギュラー未満はみな下僕のような環境で
鍛えられたため
(そして私はもちろんレギュラーではない組……)、
今のような穏やかな性格になった経緯があります。
中学の部活は大嫌いでしたが、ある意味色々なことを理解できました。

 
自分の考えのスピードと、周りのスピードは違うんだと。
価値観って色々なんだ
ということを学びました。

 
経営者になってからは、職員1人1人を、また現場のペースを尊重した組織運営を心がけてきました。

 
そうして、現在、ある程度大きな組織になってきました。

ちょっと自信がついてきたので、
「今の組織なら、自分の思考スピードで進めてみても大丈夫ではないだろうか」と思い、
一気にアクセルを全開にしてみました。

今年度、2021年3月の全社員ミーティングからの話です。

 
すると、どうでしょう……

なんと分断のような現象が起きてしまいました……

 
すんなりと変化を受け入れられるところと、
そのスピードが苦しいです
というところが出てきてしまったのです。

 
チームの人員構成だったり、
リーダーが育ちきっていないところだったりと
様々な要因がありましたが、
圧倒的な原因は、私自身の職員への配慮のなさでした。

 
子ども達を笑顔にするためには、
子育て支援者の先生達が笑顔で仕事ができなければならないのに、
変化を強要し、その笑顔を奪ってしまったのです。

 
「支援者への支援」という視点が欠けていたのです。

 
ありがたいことに、
すぐに手をあげて、異変を報告してくれた施設長のおかげで、
自分の間違いに気づくことができました。

その後、すぐにスピード感を調整することができたため、
少しずつ現場に安心感が広まっていっているような気がしています。

 
今回の教訓は

変化をするには、大きなエネルギーが必要であり、
現場に寄り添いながら進めるべきだということ。

実際の現場にいる職員=支援者は常に問題と向き合っているし、
よりよくしようと頑張っている。
その支援者たちが疲弊してしまっては元も子ありません。

理想の保育を目指すためには、仲間の力が必要です。
経営トップは現場とのコミュニケーションを絶やさず、
支援者を支援する気持ちを忘れてはいけないということです。

 
それでは、また次回まで!

 

——————————————————————
株式会社SHUHARI
保育園元気キッズ 代表 中村敏也

※ 配信停止のお手続きは下記ページでお願いします。
https://www.genki-kids.net/lp/mmg.html

※メールの配信停止までに数日お時間いただく場合がございます。行き違いで配信されることがありますがご了承ください。

発行:株式会社SHUHARI
※ 当メールマガジンの内容の無断複製・転載・使用を固く禁じます。
Copyright 2007 SHUHARI Corporation. All Rights Reserved.

 

 

中村敏也のメールマガジンでは
・保育・児童発達支援の経営のためになる情報
・オンラインセミナーのご案内(メルマガ読者限定案内あり)
・講演会のご案内
などをお送りしています。

困っている保育所の足元を見た高額な人材紹介会社に頼らず、自力で採用できる力を、すべての保育所が持つことができれば、より良い保育環境が広がるはずです。

子どもたち、保護者、保育士にとって、とても幸せな世界になることを願って、少しでもお力になれれば幸いです。

※メールが届かない場合、携帯メールの受信設定、迷惑メールの設定などをご確認ください。
@mm.genki-kids.netからのメールを受信できるようにしておいてください。

中村敏也メルマガ

中村敏也の元気キッズ保育園の秘密 vol.14

参考:メルマガバックナンバー 2021.4.22 配信

中村敏也の元気キッズ保育園の秘密 vol.14 元気キッズの4つのルールと、新たな価値観

 


中村敏也の元気キッズ保育園の秘密


中村敏也の元気キッズ保育園の秘密 vol.14
元気キッズの4つのルールと、新たな価値観をアップデート編です。

こんにちは。
株式会社SHUHARI 中村敏也です。

『たったこれだけで組織がうまく回るシンプルな4つのルール』

元気キッズには、働く職員のみんなが自分らしさを発揮し、
気持ちの良い関係性の中で働けるようになるために、
全員が大切にしている4つのルールがあります。

1.挨拶
2.礼節
3.人の話を聞く、他者受容
4.自分の意見を言う勇気を持つ。わかるように伝える。

少し詳しく説明します。

1.挨拶
挨拶をされると、なんだか受け入れられた気がします。
例えば自分が住んでいる地域で近所の方などに挨拶をする。
地域の一員になった気がします。

初めて体験保育に来た求職者へ、挨拶をする。
求職者は、「体験に入っていいんだ」と受け入れられた気がします。

そして、大人が挨拶をしている姿を子ども達が見ることで、
子ども達自身も挨拶ができるようになります。

2.礼節
礼節が保たれている職場は、
「ありがとう」の言葉が多く聞こえ、お互いが敬意を持って接しています。
また悪口などの負の連鎖も、礼節が保たれていると起きづらいものです。

3.人の話を聞く、他者受容
いろいろな人がいる職場では、
まず相手の立場になって話を聞かなければ、真意を理解することは難しいです。
他者受領をし、まずは一旦受け入れる態勢が必要です。

4.自分の意見を言う勇気を持つ。わかるように伝える
自分の意見は言いづらいが、頑張って言わなければ相手に伝わりません。
でも、「言わなきゃ」が強すぎると、強く言ってしまったり、わがままに聞こえてしまったりします。
だからこそ、周りが聞く体制を整えることで、すんなりと意見を言える環境ができます。

とてもシンプルな4つのルールですが、
これを守るだけでも職場は劇的に良いものになります。
元気キッズでは、
この4つのルールは自己達成シートや業務評価の中で大切な基準となっています。
それゆえ、職員たちには常にこれらのルールを意識した行動が求められます。

本当に強力なツールでした。
────────────

ん? なぜか過去形が出てきました。

そうです。
実は最近元気キッズは、もう一つの価値観の導入をはじめました。

それは、

『気づかれない善意で隙間を埋めていく。Give and Giveという考え方』

です。

例えば、
職場が最近とてもきれいに保たれていたとします。
特に本棚はいつだってきれいに整理整頓されていたとします。

「なんだか気持ちいいなぁ」と思いながら2週間くらい経ったある日、
ちょっと早く出社した際、◯◯さんが本棚や棚を整えている様子を見かけます。

◯◯さんは、誰に言われるのではなく、誰に気がついて欲しいわけでなく、
みんなが使うものだから気持ちよく使ってほしいな。
ときれいに整理整頓していました。

その姿を見たら、ほんのりと暖かい気持ちが湧いてくると思います。

『◯◯さんありがとう(心の声)』と、
鬼滅の刃の伊之助が、人に優しくされた時(天ぷらくれた時とか)に
「ほわほわ」するあの感じですw

特に、すぐに気が付く何か、ではなく、
気が付くまでに時間差があることというのがポイントで、
だからこそ「ほわほわ」感がアップするのだと思います。

何かしてもらった時に「ありがとう」と感謝の言葉を伝えるのは、
少しだけGive and Takeな感じがします。
してくれたことに対するお礼です。

しかしGive and Giveだと、見返りを求めずに、ただ良いと思うことをする。
その結果、周りの人が気付くことがあったときに、「ほわほわ」が生まれます。
気づいた人は、自分も周りのために何かしてみようか。という気持ちが生まれます。

この「ほわほわ」こそが、実はこれからの社会にとって大切だと思うのです。

共助の考え方です。

資本主義の社会で、富の不均等はますます助長されています。
そのような中で利己的な人たちは豊かになり、
また、利己的すぎて破滅していくことも見受けられます。

人口減で、国の財政はほぼ借金だけで賄われる今、
国の公的支援だけでは、これからの社会は成り立っていかないでしょう。
そこで、それぞれがお互いを助け合う「共助」が求められます。

元気キッズでは、
次の一歩として、共助の考え方
「見えない善意=Give and Give」を率先して取り入れることで、
少しでも良いと思えることをスモールステップで行い、
善意のループを頻繁に起こしていこうと思うのです。

この見えない善意で満たされた職場って素敵だと思いませんか?

そしてゆくゆくは地域でこの共助の考えが広がっていったら最高です。

それではまた次回をお楽しみに!

 

——————————————————————
株式会社SHUHARI
保育園元気キッズ 代表 中村敏也

※ 配信停止のお手続きは下記ページでお願いします。
https://www.genki-kids.net/lp/mmg.html

※メールの配信停止までに数日お時間いただく場合がございます。行き違いで配信されることがありますがご了承ください。

発行:株式会社SHUHARI
※ 当メールマガジンの内容の無断複製・転載・使用を固く禁じます。
Copyright 2007 SHUHARI Corporation. All Rights Reserved.

 

 

中村敏也のメールマガジンでは
・保育・児童発達支援の経営のためになる情報
・オンラインセミナーのご案内(メルマガ読者限定案内あり)
・講演会のご案内
などをお送りしています。

困っている保育所の足元を見た高額な人材紹介会社に頼らず、自力で採用できる力を、すべての保育所が持つことができれば、より良い保育環境が広がるはずです。

子どもたち、保護者、保育士にとって、とても幸せな世界になることを願って、少しでもお力になれれば幸いです。

※メールが届かない場合、携帯メールの受信設定、迷惑メールの設定などをご確認ください。
@mm.genki-kids.netからのメールを受信できるようにしておいてください。

中村敏也メルマガ

中村敏也の元気キッズ保育園の秘密 vol.13

参考:メルマガバックナンバー 2021.4.1 配信

中村敏也の元気キッズ保育園の秘密 vol.13 地域社会を変える保育園への道8

 


中村敏也の元気キッズ保育園の秘密


中村敏也の元気キッズ保育園の秘密 vol.13 地域社会を変える保育園への道8

「まだまだ足りない社会資源! 医療モデルと社会モデルでみんなに笑顔を」編です。

ふぅ。
「地域社会を変える保育園への道」が
やっと現在取り組みはじめていることを書ける段階にきて
ホッとしている中村です。

前回は、保育と療育の違いや
子ども達に療育施設の外や、どんな場所でも笑顔になってほしい
という活動を書きました。

保育園や療育施設は、基本的には子ども達の発達を促すことを目的としています。
様々な活動を通じて、その子なりの発達を促し、見守る場所です。

創業当時から、子ども達が最高の笑顔になる場所を増やそうと考え、
地域から求められる場所へ施設を増やしていきました。

子ども達にとっても、保護者にとっても
良い環境になっているはずだと信じ、施設を増やしていったのです。

そんな風に活動していく中で、
「ある講演」に参加した時に、
自分には『ある一つの視点』が足りていなかったと気づかされました。

その講演の登壇者は、
自身が新生児仮死で生まれ脳性まひとともに生きてきた、
東京大学准教授の 熊谷 晋一郎 氏でした。

講演の中で熊谷氏は
「障害者と健常者の違いって何でしょうか?」と問いました。

私は
「できないかことが多い?」
「周りと違う?」
「意思とは違う行動をしてしまう?」
などといろいろと考えてみました。

熊谷氏 曰く

「私は小さい頃からリハビリの毎日でした。指なんて思うように動かない。
それを15年位かけてやっとペンを持てるようになりました。

頑張って発達したということは、それはそれでとても良いことだと思う。

本人が頑張って改善していくことを
『医療モデル』といいます。

しかし、とにかく15年毎日リハビリはしんどいのです。
当事者はきついんです。

そこで、例えば持ちやすいペンのデザインを開発し使いやすくしたり、
ロボットアームみたいなものができて、
簡単に意図したことを代替的に行ってくれることがあれば、
非常に楽に生活が送れるようになります。

本人ではなく周りの物や環境が変わることこのことを
『社会モデル』といいます。」

また、このようにも語っています。

「健常者と障害者を分ける基準は、その人がつながる頼れる糸の数です。

健常者の方は、例えばどこかへ行きたい場合、
自分で歩く、走る、車で行く、電車で行く、タクシーを使う、
親に頼んで送ってもらうなど、
たくさんの選択肢(=細い糸)があります。

障害者は、親に頼む、ヘルパーさんに頼む、などの
限られた選択肢(=太い糸)しかない場合が多いのです。

この頼める先をつなぐ糸の数が多ければ多いほど、健常者です。
少なくて太い糸が限られた数しかないほど、障害者です。」

そこで、ハッとしました。

私が保育や療育施設の運営でやっていることは、
『医療モデル』だと。
子ども達に「ちょっとでもできる」になるため頑張れー! と背中を押している。

また一方で、
『社会モデル』として、
子どもがどんな場所でも笑顔になる活動として、毎日通える保育型の療育施設や、
通っている幼稚園、保育園で生活しやすくするサポートの保育所等訪問支援、
障害者のサポート計画を作成する相談支援事業などをやっているのだと。

改めて、
素敵な「気づき」をいただきました。

『医療モデル』も『社会モデル』も両方必要だと思います。

障害を抱える人だけがより健常者へ近づけるよう頑張るのではなく、
周りが変われば簡単に障害度合なんて下がっていきます。

地域社会が、より多様性を受入れ、分断するのではなく地域で共生していくことを、自然と受け入れていく社会になれたら素晴らしいですね。

そんな想いをこめて事業を運営していきます。

今回で「地域社会を変える保育園への道」シリーズは一旦終了です。

次回からは、また保育所の経営ノウハウなどをお伝えしていきます。
引き続き宜しくお願いします。

 

——————————————————————
株式会社SHUHARI
保育園元気キッズ 代表 中村敏也

※ 配信停止のお手続きは下記ページでお願いします。
https://www.genki-kids.net/lp/mmg.html

※メールの配信停止までに数日お時間いただく場合がございます。行き違いで配信されることがありますがご了承ください。

発行:株式会社SHUHARI
※ 当メールマガジンの内容の無断複製・転載・使用を固く禁じます。
Copyright 2007 SHUHARI Corporation. All Rights Reserved.

 

 

中村敏也のメールマガジンでは
・保育・児童発達支援の経営のためになる情報
・オンラインセミナーのご案内(メルマガ読者限定案内あり)
・講演会のご案内
などをお送りしています。

困っている保育所の足元を見た高額な人材紹介会社に頼らず、自力で採用できる力を、すべての保育所が持つことができれば、より良い保育環境が広がるはずです。

子どもたち、保護者、保育士にとって、とても幸せな世界になることを願って、少しでもお力になれれば幸いです。

※メールが届かない場合、携帯メールの受信設定、迷惑メールの設定などをご確認ください。
@mm.genki-kids.netからのメールを受信できるようにしておいてください。

中村敏也メルマガ

PRESIDENT Online「男性保育士を積極的に雇うワケについて」寄稿

男女どちらもいたほうが絶対にいい

保育業界はまだまだ女性社会なので、男性というだけで冷たく扱われることが少なくありませんが、男性の良いところを積極的に評価することで、男女ともにのびのびと仕事のできる環境をつくっていきたい。

男性保育士を積極的に雇うワケについて
PRESIDENT Onlineに寄稿いたしました。

https://president.jp/articles/-/45151

保育園、児童発達支援事業所
元気キッズ 代表 中村敏也

メイトの保育専門誌 ひろば 2021年5月号特集「新人保育者どうサポートする?」

メイトの保育専門誌 ひろば 2021年5月号特集
「新人保育者どうサポートする?」
に株式会社SHUHARI 元気キッズが取材され掲載されました。

『新卒離職者8年ゼロ!新人を育てていく秘訣は?』



↓拡大画像はこちら
メイトの保育専門誌 ひろば 2021年5月号特集 掲載記事PDF(3.1MB)
https://www.genki-kids.net/pdf/hiroba202105.pdf?05

中村 敏也

Nakamura Toshiya
埼玉県内に、保育園、児童発達支援施設、保育所等訪問支援事業所、病児保育室、放課後児童クラブ、相談支援事業所を運営。子どもが笑顔で過ごせる保育園にするためには、職員が楽しめる職場であることが重要。職員が意見を言いやすい職場の雰囲気作りや福利厚生面など、働きやすさも重視した環境作りに力をいれている。
株式会社SHUHARI代表取締役
株式会社sopo代表取締役
新座市子ども子育て会議委員
中村敏也