中村敏也 ブログ コラム 保育 療育 児童発達支援

メルマガ 中村敏也の元気キッズ保育園の秘密

中村敏也のメールマガジンでは
・保育・児童発達支援の経営のためになる情報
・オンラインセミナーのご案内
・講演会のご案内
などをお送りします。

困っている保育所の足元を見た高額な人材紹介会社に頼らず、自力で採用できる力を、すべての保育所が持つことができれば、より良い保育環境が広がるはずです。

子どもたち、保護者、保育士にとって、とても幸せな世界になることを願って、少しでもお力になれれば幸いです。

中村敏也メルマガ

参考:メルマガバックナンバー

中村敏也の元気キッズ保育園の秘密 vol.1「100%パクられた採用コピー」


中村敏也の元気キッズ保育園の秘密


こんにちは。
メールマガジン「中村敏也の元気キッズ保育園の秘密」にご登録ありがとうございます。
株式会社SHUHARI 中村 敏也です。

今回は、なぜこのようなメールマガジンを始めたのかをお伝えいたします。

それは「保育業界なめんなよ!」という怒りが、僕を動かしているから。

私たち元気キッズは、離職率が低く、採用もうまくいっている保育園の一つです。
自慢のようで恐縮ですが、採用に対しても、雇用維持に対しても、全力で改善を繰り返してきた結果だという思いがあります。

おかげで理想の職員に囲まれていますが、毎年新規開園をしているため、一定の職員を採用しつづけなければなりません。
毎年頭を抱えながら、様々な試行錯誤をしています。

その中でも最近力を入れているのが、インディード。
クリック単価方式の求人サイトなので、非常に管理がしやすく、使い勝手も良い。

期間を決めて、内容を少しづつ変えて、求人広告の効果が少しでも高まるよう工夫しています。
いわゆるABテストを行っているのです。

そんなある日、ふとインディードの広告を眺めていたら、見覚えのある求人に目が止まりました。
住所、給与内容、勤務形態、職務内容が、わが社と同じ。

「あれ? どこかでみたことあると思ったら、先月出していた弊社の求人内容だ!」

とおどろいてさらに読み進めると、もっと驚愕な事実が!

施設名が「保育園元気キッズ新座池田園」と記載されているのです。
その園の広告はすでに違う内容で出しているはずなので、おかしいな?と困惑して読み進めると、

「運営 株式会社XXX」と、弊社とは全く関係のない会社の名前で募集が行われているではありませんか!!!!

キャッチからコピーまで丸パクリの求人情報を、弊社の園名を語って、インディードに掲載している!!

なぜ、その会社はそんなことをするのか?

それは、その株式会社XXXが、人材紹介会社だったからなのです!!!

その人材紹介会社は、私たちが募集しているエリアで、私たちの考え出したコピーを使った求人広告を、私たちの名前入りで堂々と出していました。

弊社に直接応募させるのでなく、その会社を通じて応募させ、高額な紹介料をとるための、とてもとても安易で姑息なマーケティングをしていいました……

ここで本当に名前を出したいほど、いまだに怒りが収まりません。
ちなみにその会社には、即刻連絡、広告の停止をさせ、二度と弊社の広告を使わない旨の誓約書を書かせました。

人材難で困っている保育業界に、このような卑怯なことを平気で行う会社が、存在するのです。
そして、大切な保育の委託料を平然と奪っていく世界は、全く健全ではないと思います。

まして福祉業界は、ITやマーケティングなどビジネス面で強い施設はあまりないのが現状です。
小手先のマーケティングで、人の褌でお金を稼いでいく人材紹介会社がのさばっていては、健全な保育環境は保てません。

保育業界は、あしき人材紹介会社、あしき保育求人サービス会社と決別しないといけないのです。

大切な保育の委託費を、採用のためばかりに浪費するのではなく、
保育者、そして、子どもたちのために使いたい!!
というのが、全国の園長先生の切なる思いだと思います。

そこで、何もないところから試行錯誤でできあがった元気キッズのモデルが、
全国の保育所運営にお悩みの園長先生たちの少しでもヒントになるではないかと思い、
セミナーを開催したり、メルマガを発行したりすることにいたしました。

これから、毎回、保育園経営のヒントになるようなことを記事にしていきますので、どうぞお楽しみに。
ご質問やご相談も受付けていますので、お気軽にメールいただければと思います。

最後までお読みいただき誠にありがとうございます。
理想の保育園経営で、子どもたちの笑顔を一緒に増やしていきましょう!

——————————————————————
株式会社SHUHARI
保育園元気キッズ 代表 中村敏也

※ 配信停止のお手続きは下記ページでお願いします。
https://www.genki-kids.net/lp/mmg.html

※メールの配信停止までに数日お時間いただく場合がございます。行き違いで配信されることがありますがご了承ください。

発行:株式会社SHUHARI
※ 当メールマガジンの内容の無断複製・転載・使用を固く禁じます。
Copyright 2007 SHUHARI Corporation. All Rights Reserved.

中村 敏也

Nakamura Toshiya
埼玉県内に、保育園、児童発達支援施設、保育所等訪問支援事業所、相談支援事業所を計17施設を運営。子どもが笑顔で過ごせる保育園にするためには、職員が楽しめる職場であることが重要。職員が意見を言いやすい職場の雰囲気作りや福利厚生面など、働きやすさも重視した環境作りに力をいれている。
株式会社SHUHARI代表取締役
株式会社sopo代表取締役
新座市子ども子育て会議委員
中村敏也